笑顔

ソフトをより良く活用

介護ソフトの利用法方法ASP法とインストール法

介護

今回介護ソフトの利用方法について記載していきます。利用法として2つの種類があり、それはASP法とインターネットからインストールするパッケージタイプの方法です。ASP法とはインターネットを介して介護ソフトを利用する介護ソフトです。ASPはアプリケーション・サービス・プロバイダの略でインターネットを通じて事業者にサービスを伝えることです。このメリットとしてはインターネットがつながっていればソフトを利用することができるので、どの媒体からでもソフトを利用することが出来ます。逆にパッケージタイプのソフトの場合、インストールをした機器でしか出来ないため、介護ソフトとしては施設等で利用する場合費用がかさむなどのデメリットもあります。利用方法は各ASPインターネットを運営している会社に障害者を抱える施設・個人が月額で契約し、ソフトを利用していきます。

障害者の介護支援に人気の理由

今回人気が以前よりも上がってきている理由としては以前からのインストールによるパッケージ法ではなくASP法の利便性が増してきたことです。以前のパッケージ法ではインストールしたパソコンの台数だけソフトを購入する必要があったため、施設などの様々な障害者支援者が多く情報入力が大変な場合不便となります。しかし、ASP法を使ったインターネット経由であれば複数台で同様の作業が行えます。また以前はセキュリティー面でASP法は問題視されているところがありましたが、最近ではセキュリティー面も向上し改善してきていることも人気の理由として挙げられます。何にせよ障害者を支援していくことは介護面だけでなく介護保険の申請などの計算が多くの精神的・肉体的負担も増やします。このことで障害者に対する時間や労力を削られてしまうくらいであればこういったソフトを積極的に利用し、負担の軽減をしていくことは重要であると考えます。